• by DAVID BOWIE.

2014年04月30日

欠かせないインターネット、つきまとう脆弱性

日々の生活に、インターネットがなければほぼやっていけなくなった昨今、ウイルスだのハッキングだのといったことも避けては通れない。

実際、今こうやってこの記事を書いている最中であったり、奇跡的(笑)にこの記事を読んで下さっている最中も、あらゆる国や地域からウイルスが怒涛のように流れ込んでいる。
個人はもちろん、国家間における(サイバー)戦争の真っ只中なのだ。

さて、マイクロソフト社のインターネットエクスプローラーに脆弱性が見つかったようだが、数年前にも同じくマイクロソフト社のアウトルックというメールのソフトで脆弱性があった記憶がある。(どんな内容だったかは忘れたが)

しっかりと対応してもらいたいと思う一方、結局のところそれを利用するわれわれはどうすればいいのか。

極端に言えば、ネットは使わない、いや、パソコンを使わなければいい。

しかしそれでは、冒頭で書いた現状を窮屈にしていくだけなので、私はこう考える。



完全なる安全はあり得ない。

そんなことはわかっている?

そうだ、わかっている。

でも、どこか現実とネットの区別を妙なところで線引きしていないだろうか。

現実によくある正しい使い方、メンテナンス、あとプラスして情報を得ること。

これはネットにも言えることではないだろうか。

ネットなんだから?

ネットではこうだけど?

そういった場面もあるかもしれない。でも、そういった場面ではないかもしれない。


何事も、改めて、再確認。
落ちついて。  


Posted by Takuji at 22:30Comments(0)リリース

2014年04月15日

コピペ

STAP細胞の論文でいろいろと賑わっているようだが、その中で度々出てくる単語、コピペ

コンピューター、パソコンに疎い方にとっては馴染みが薄いかもしれない。

コピー・アンド・ペーストの略で、文章やデータなどをコピー(複写・複製)し、そのコピーしたものを別の場所などへ、ペースト(転写・貼付)するという操作を表すコンピュータ用語である。(wikipedia参照)

便利な機能である。

しかし、便利だから優れているとは限らない。

他人或いは既存物のコピペを、自分の成果のように引用したのであれば、OKとは言えないだろう。

今回のSTAP細胞論文の件があってか、大学では論文倫理を強化するため、自覚を促す授業を検討しているとか・・・


私自身、大学ではなくIT系の専門学校を卒業しているのだが、コピペなんて日常茶飯事だった。良いも悪いも(笑)

特に課題が提示されたときのことを思い出す。

イラストやイメージ系の課題はほぼコピペしようが無いが(したとしてもただのパクリ)、学習したプログラミングの動作、処理、機能の一部が対象のものであれば、課題提示が多く重なった時、コピペしている学生が居た。

今はどうかわからないが、単位を取るために、課題提出率が一つの目安だった。

もちろん単位を落としてはマズいので、学生は皆必死に頑張っていた。(と、思う)

ただ、一部の学生から派生?し、常習化していった。

先生たちも薄々気づいたのか、授業の冒頭や、課題提示の際に注意していたが、それでも収まらなかった。

状況によって引用は微妙なラインになり得るかもしれないが、考え方や方法をヒントにするのは良いと思う。

ところが、間もなくある噂が流れた。

先生がコピペされた課題を検出するプログラムを作った、というのだ。

単位取得にも影響されるためか、その時期から課題コピペの蔓延は多少なりとも抑えられたように思う。

どこか情けなく思うが、結局は自分の為になるのかどうかの問題だと感じる。

自己中的な意味でなく、己の知力、技術力などの糧となっているかどうかだ。

これが学生と社会人との差なのか―。

と、一瞬思ったが、ゴーストライターがどうのうこうのという話題を思い出したので、学生だの社会人だの、あまり関係ないか。  
タグ :コピペ


Posted by Takuji at 22:30Comments(0)リリース

2014年04月08日

四月なてんこもり

四月なてんこもり




今月も宜しくお願い致します♪  


Posted by Takuji at 22:30Comments(0)リリース

2014年04月04日

【兵庫スマートドライバー】続々ご賛同いただいております!

だんだんと暖かくなってきました。

旅行、お出かけで、行動範囲が広くなっていく季節、

お車の運転時間も普段より多くなる傾向では?

改めて安全運転を意識し、スマートドライバーになりませんか???

兵庫スマートドライバー

賛同パートナー、増加中です。

参加申し込み、お問合せはコチラから♪  


Posted by Takuji at 22:30Comments(0)リリース