• by DAVID BOWIE.

2013年03月29日

てんこもりからの・・・



アクセスして、



下へ↓



下へ↓



社長tv
  
タグ :社長tv


Posted by Takuji at 22:30Comments(0)リリース

2013年03月22日

美容室販売促進プロモーション

美容室販売促進プロモーション


ホームページやブログなどのインターネット、またチラシやDM、名刺やショップカードなどの印刷物などの色々な媒体を制作し、それらを使った販売促進や集客、ブランディング向上や広告宣伝、情報発信をお手伝いをするサイトです。  


Posted by Takuji at 22:30Comments(0)リリース

2013年03月15日

Facebookの使い過ぎ? 節度? 警告出現。

普段からFacebookはよく利用している。

利用頻度は人並みだと思うのだが・・・・

先日、下記のような警告が突然出現した。



警告:機能の利用上限を超えています
この機能の利用度が許容レベルを超えています。節度を持ってご利用ください。この状況が続いた場合、利用停止となることがありますので、ご注意ください。


「(え?!)」

一瞬驚いた。

わが身を疑い、周りを見渡した。

スタッフまるさんに聞いたり、他に体験された方がいるか調査したところ、どうやら原因は、長い時間をかけて長文を入力したことによるものらしい。

そうだったのか・・・・

いや、でも、"節度を持って"って・・・。

時間がかかってしまったのは申し訳ないが、どうも腑に落ちない。  


Posted by Takuji at 22:30Comments(0)リリース

2013年03月12日

目の付けどころが・・・

ちょっと前にシャープがかの国との提携話のニュースが盛り上がった。
(いや、現実的には盛り下がったのかな)

体質云々言われたりしているが、自身が学生時代に、とある講義を受けたことがある。

正直なところ、詳しい内容はサッパリ忘れているが、断片的な記憶も少々ある。

やってきた講師はシャープの方だった。

もちろん名前なんて覚えていない。

もう一つだけ覚えていることがある。

「とにかく画面(液晶)がついている商品を出せと、上からくるんです。冷蔵庫やら電子レンジやら。」



当時は笑い話だった。

しかし今思うと、全てではないだろうが、その延長に現在の姿を辿ると何とも表しにくい気持ちとなる。

"目の付けどころがシャープでしょ。"

1990年から使用していたスローガンだ。

今ではその目の付けどころに疑問を呈す方も多いだろうに。

そして2010年の1月からスローガンを変更した。

ある意味間違ってないかったのかもしれない。

"目指してる、未来がちがう。"

・・・シャープに対するスローガンに見える。  
タグ :シャープ


Posted by Takuji at 22:30Comments(0)社会

2013年03月08日

システム導入のデメリット

以前の記事で、システム導入のメリットを書いたが、もちろんデメリットもあることを書いておかなければならない。

ただ、メリット、デメリットは業務や要件の中で大きくその割合は変わる。

メリットと思われる部分が、とある会社によってはデメリットにもなり得る。

システム管理に専門知識を要する

例外的な処理の対応が難しい

情報漏洩(不正コピー、不正アクセス)

ウィルス・停電等によるシステムダウン

設備投資


といったところだろうが、あらゆる分野で仕方の無いこともある。

犯罪はなくならないし、永遠に人は生きることはできない。



しかし、所詮は人が作ったもの、と開き直ることはない。

プラスとマイナスの波をどうキャッチし、乗りこなし、乗り切るか、じゃないだろうか。
  


Posted by Takuji at 22:30Comments(0)リリース

2013年03月07日

【CD】Stereophonics(ステレオフォニックス)

ロック(ロックンロール)の特徴、イメージとはどんなものなんだろうか。

ギターテクニック?

「テクニック度外視のやりたいことやってるんだぜ!」感?

革ジャン?

傍若無人なボーカル?

ドラッグ?

・・・

個人的に思うことが一つある。

少々しゃがれ気味の声質を持つボーカルが居ることだ。

オアシスを挙げる方も多いかもしれないが、Stereophonics(ステレオフォニックス)も十分に的を得ている。

しかもスタジアム級。

そんなバンドの通算8枚目のアルバムを聴いた。


『Graffiti On The Train』

アルバムリリース数からして、円熟味を増す、とはこのことだろう。

普通にかっこいいのだ。

まずは先行シングルから聴いてもらいたい。


#Indian Summer

出身はウェールズらしいのだが、英国での人気は絶大。

故に安定感がオーディエンスに安心をもたらしている。

今作は、ヴォーカルのケリー・ジョーンズの身近に起きた出来事を反映しているようだ。

雑誌のインタビューや和訳の歌詞を見ると、ごく普通の日常の一部が写しだされている。

しかし不思議なもので、普通のことなんだけれど、どこか特別に聴こえる。

安定感のなせる業なのだろうか。

2013年のサマーソニックにも出演が決定している。

チェックする価値のあるバンドだ。

単独ツアーも切望する。  


Posted by Takuji at 22:30Comments(0)音楽

2013年03月05日

【CD】The Black Keys(ザ・ブラック・キーズ)

音楽の祭典グラミー賞で6部門にノミネートされ、アルバムからのシングル「Lonely Boy」が、『最優秀ロックパフォーマンス』と『最優秀ロックソング』を受賞、アルバム『El Camino』が『最優秀ロックアルバム』を受賞、メンバーの一人が『最優秀プロデューサー』を受賞、最多4部門を受賞するという快挙。

ザ・ブラック・キーズの7作目のアルバムは高評価を得た。


『El Camino』/The Black Keys


『最優秀ロックパフォーマンス』と『最優秀ロックソング』を受賞した#Lonely Boy

所謂ノリのいい曲なのだが、どうしても不思議に思うことがある。

ビデオ再生で28秒あたりを注意して見てもらいたい。

わざとなのか、NGとわかっていながらなのか、ダンスしているおじさんの後ろの窓から、こちらを一瞬覗くシーンがあるのだ。

ノリノリで一人ダンスするおじさんは何も知らないのだろうか・・・。



さて、アルバムそのものについては既に7作目ということで、デビュー作から調べてみようと思ったが、本作からあえて聴いた。

名前だけは知っていたものの、なぜか聴くタイミングを逃すばかり。

今回グラミー賞を取ったということで、タイミングよく聴くことができた。

全体を通して非常に聴きやすいのではないかと思う。

一聴するとごく普通のロックなのかもしれない。

しかし、個人的嗜好で傾倒している60~70年代のブルージーな雰囲気を持っている。

さらにいろいろ調べていると、なんと前作もグラミー賞を取っているという。


『Brothers』


#Everlasting Light

結構実力のあるバンドらしい。  


Posted by Takuji at 22:30Comments(0)音楽

2013年03月01日

システム導入のメリット

弊社シールズでは有難いことに、様々な案件を頂いている。

中でもホームページ制作、ブログに関しては、販促ツールの一つとして有効なものである。

そしてホームページに関しては、静的ページはもちろん動的ページに関する案件もあるのだ。

要は、プログラム(システム)制御がサイトのページに組み込まれている。


たとえば、よくある通販サイトにおける商品リストページは、複数ページにわたる。

数十ページなのか数百ページなのかはわからないが、1ページずつ作るのはバカらしい。

そこで、1つのページに複数ページ対応できるプログラムを組み込む。

よって、1つのページを作るだけで、複数のページに対応できるのだ。


何気なく見ているいろいろなサイトには、様々なプログラムが組み込まれている。

サイトを管理するシステムもあれば、更新がある程度自社でできるため、便利なうえホームページでちゃんと動きを見せることができる。

結果的に、

早く正確な手続き

単純なミスの軽減

情報伝達・発信が簡易

自社管理


といったメリットがある。



しかし現実世界を見渡せば、人間にも物事にも、あらゆるこの世のものには、完全なものはない。

メリットもあればデメリットもあるのだ。

続きは今度。  


Posted by Takuji at 22:30Comments(0)リリース