• by DAVID BOWIE.

2012年11月30日

急に動かない

ここ数か月で何人か知人から、
"パソコンの動きが急に遅くなった"
という相談を立て続けに受けた。

際立って共通しているのは、

Windows 7

ノートパソコン

インターネットは繋がる
(繋げてしばらくすると、ということも)

ウイルスソフトの更新は最新



しかし、その解決方法はよくわからない。

では解決していないのかというと、そうでもない。

数時間後、或いは数日後に動くようになった、と報告を受けている。

そこでまた共通するのが、

「何もしていない。」

ネット通信の一時的な負荷が影響を及ぼしているのか、
バックグラウンドで何か更新等動作しているソフトがあったのか・・・。

周辺機器を外す、立ち上がっているソフトやアプリを全て終了する、ウイルスチェックをする、再起動する・・・サポートセンターやサイトによるQ&Aや、ネットでの調査を行っても、ごく一般的な対処方法を見るばかりで、手がかりのようなものは掴めなかった。


新手のウイルスなのか、製品自体の影響なのか、、、。

100%の安全を保障するものなどありはしないが、

便利さが背負うリスクをより一層気に掛けることでカバーできる部分もあるだろう。

ウイルス情報等を知ることはもちろん、
こまめなバックアップ、メンテナスなど、基本的なことから注意が必要だ。

改めてそう思った。

  


Posted by Takuji at 23:00Comments(0)リリース

2012年11月27日

迎撃:黒のペヤング

前の戦いから、およそ4か月が経つ―。


某コンビニで、何気なく買い物をしていた。

その時、ふと高い棚に目がいった。

激辛という直接攻撃に、少々ダメージを受けた、前の戦いが一瞬脳裏をよぎった。

しかしそこで見たものは、黒く、隠密性(=ステルス性能)を有するような姿と進化(変化?)していた。

こ、これは・・・


ペヤングイカスミやきそば

積まれていたペヤングは2、3個程度しかなかった。

なるほど、ステルス性能があればさほど数は要らないということか。

しかし、発見されてしまえばその性能は無駄になる。

こっちのものだ。

私は素早く買い物かごに放り込むことに成功した。

そう、"迎撃"したのだ。


家に帰って早速開封。



・・・がっかりだ。あの黒はなんだったんだ、と思った。
ソースは黒いが、特に驚きはしない。たかがソースなのだ。

そしてかやく。



イカスミだからか、イカが入っている。

普通だ。

どんどん次の工程に進む。

湯を入れて3分待ち、素早く湯を捨て、ソースをぶちまけてやった。

むっ!?



この見た目に少し、ほんの少しだが引いた。

そしてすぐにかき混ぜ、その姿を現していく。

混ぜれば混ぜるほど、黒が広まって・・・





何か作り出してはいけないものを作り出してしまったような気がした。

激辛が物理攻撃であるなら、このイカスミはビジュアルを用いた精神攻撃なのか。

いや、迎撃したのだから、何も恐れることはない。

いただきまーす。

!!!!!

これは意外と美味い。

香りも良いほうではないだろうか。

どんどん箸がすすみ、あっというまに完食。

ビジュアルが無理でなければ、簡単に攻略可能、かなり余裕だ。

大したことのない、美味しいイカスミだった。

黒さに多少驚いたが、特に問題なかっ・・・
―いや、待てよ。

これだけ黒いと口の中は、、、。

洗面所の鏡の前で舌をベロリと出すと、やはり黒かった。

しかしこれは想定内だ。

問題はなかった。

恐るるに足らず、ペヤングイカスミやきそば。  


Posted by Takuji at 21:00Comments(0)通常

2012年11月24日

【音楽】Coldplay(ライブ映像)

カラフルで圧巻―。

コールドプレイについては、最新作について若干疑問に感じる旨をつらつらと書いた。

しかし、ライブによって聴覚と視覚を揺さぶられれば、疑問を呈することがどれだけ無意味なことかわかったような気がする。

たとえそれが小さなスクリーン上であったとしてもだ。

およそ9年ぶりにリリースされたコンサート・フィルム『ライヴ2012』。

今回、初めてブルーレイというメディアを選択してみた。

DVDとの違いは比べようがないが、あらゆる色が入り乱れるカラフルな世界はぜひともブルーレイで見るべきだろう。

いや、DVDで見たとしても色褪せることはないほどのものだ。

今作のライブパフォーマンスは、一つの場所で行われたライブ映像ではなく、地元のイギリスはもちろん、マドリードやパリなどのシーンを切り取って、数曲ごとにメンバーの語りが入る。

自分たちがオーディエンスと一体となって盛り上がるも、ライブが終わってほんの3、40分後にホテルに帰ったときの孤独感を毎度のように繰り返すそのギャップについて語っているが印象的だった。
どのアーティストにも当てはまることなのかもしれないが、この映像を見るといかにそのギャップが大きなものなのか、と思ってしまう。





このツアーで、バンド自身も史上最高に楽しめていた模様。

本編映像も良かったが、エクストラトラックの内容がコールドプレイの本質を表しているように思えた。

カラフル、ポップ、そういった表現も良いかもしれないが、個人的には『シンプルで繊細』がいい。  


Posted by Takuji at 23:30Comments(0)音楽

2012年11月23日

amazon電子書籍端末の影響

電子書籍を利用する人は増えているのだろうか。

まぁ増えているといえば増えているのか、電車の中で見かける頻度はまぁまぁ多くなった。

さて、その電子化された書籍を読むのに必要なリーダー(端末)について、小売業の最大手アマゾンから、日本におけるキンドルの販売が開始されている。



アップルのiPad(及びmini)や各エレクトロニクスメーカー、楽天といったところから端末が次々にリリースされている。

しかし、日本の大手家電量販店は、アマゾンのキンドル販売を見送るようだ。

理由として、キンドル経由でのアマゾンへの顧客流出につながるためらしい。

確かに、世界規模で展開し調子のいいアマゾンへの顧客流出は痛い。

また、こういったことは日本だけでなく、米国の小売業大手のウォルマートも同様のようだ。

リアルの小売店から、ネット販売への顧客流出が激しいが、実際自分にあてはめると自然な流れであるとも言える。

実店舗で欲しい商品を見る→ネットで値段を見る

全てに該当するわけではないが、ほとんどこういった行動をとっている。

この流れを止めようとする気持ちもわからないでもないが、ならばとネット販売の方に力を注ぐことと、どちらがマシなんだろうと、ふと考える。

個人的には、流れを止めようとすること(行為)が、逆にネット販売の話題や顧客流出に拍車をかけるような気がしてならない。

  


Posted by Takuji at 21:00Comments(0)リリース

2012年11月17日

【音楽】 The Rolling Stones

中学時代にビートルズを初めて聴いてから、ずっと洋楽にのめり込んでいる。

特に60年代、70年代の洋楽(主にロック)がお気に入りだ。

もちろん現在の新しい音楽もチェックし、気に入ったものがあればCDを購入することもある。


"ロック(ロックンロール)"の元を辿っていくと、起源に関して諸説あるが、最も有名なのはエルビス・プレスリーだろう。(あくまで一つの説) 小泉元首相が好きなアーティストでもある。

ビートルズとの関係は良いか悪いかよくわからないが、エルビスの影響はあるようだ。

そのビートルズと同時期に活動し、今なお精力的に頑張っているのがローリング・ストーンズだ。(以降"ストーンズ")

舌をベロンと出したロゴを一度は見たことがあるはずだ。

あれはストーンズを象徴するロゴで、ストーンズを知らない人からすれば単なるロゴデザインだろう。

そんなストーンズが、2012年の夏をもって結成50周年となった。

それを記念して発表されたのがこのベストアルバムだ。


The Rolling Stones/GRRR!

エディションがいくつかあるリリース形態となるが、私が購入したのは50曲入り3枚組(新曲2曲!)だ。

ストーンズの有名な曲といえば、"サティスファクション"、"ジャンピン・ジャック・フラッシュ"、"黒くぬれ"などは一度は耳にしたことがあるだろう。

イントロやリフを一聴しただけですぐにわかる。

そんな有名な曲はもちろん、デビューシングルから数々のエピソードと共にリリースされた楽曲がこのアルバムに収録されている。

(I Can't Get No) Satisfaction - Hampton Live 1981

サティスファクション

Jumping Jack Flash (Live) - OFFICIAL

ジャンピン・ジャック・フラッシュ

ストーンズは正直泥臭いロックをやるバンドだと思うが、バラードやR&B、ソウルといった局面から聴くと単に泥臭いだけではないことがわかる。

そこがイイのだ。

しかし、そういった中でも今回注目すべきは2曲の新曲だろう。

結成50周年、半世紀という月日の流れは当然老いも伴うが、そんなことはどうでもいいほどブッ飛ばしている。

Doom And Gloom

ドゥーム・アンド・グルーム

One More Shot

ワン・モア・ショット

解散やメンバーの死などで、見られなくなった大物バンドは山ほど居るが、ストーンズはぜひとも来日を希望し、自身の目と耳で体感したい。

新人バンドに言うようなことかもしれないが、これからの活動に注目だ。  


Posted by Takuji at 21:00Comments(0)音楽

2012年11月16日

作業分担して見えてくるもの

あらゆる面において、自分が誰かにお願いしたことが、結果としてキレイ且つ丁寧だったとしたら。

主に資料作成においてそういった結果となれば、現状私の中でとてもうれしいことだ。

現在、その資料作成において少し作業をお願いしているが、非常に丁寧な結果が返ってくる。

具体的な指示は出さず、あれこれを参考にここも作っていくように、というぐらいなものだ。

一見単純な作業かもしれないが、細かいところをきちんと合わせてくれるので非常に助かっている。

たとえば、行間や段落も見やすく整っていたりすることも、細かいが故にあとでどうこう言わずに済む。

気が利いているとでもいうべきか。

しかし、ふと自分はどうなのだと思う。

頼まれごとといってもレベルは様々だが、自分自身についても見えてくる何かがあるのではと思う。

調子に乗るつもりではないが、もっと別次元のお願いを用意しようか。

何かわかりそうな気がしないでもない。

  


Posted by Takuji at 23:30Comments(0)リリース

2012年11月12日

実家からの届いた果物、と・・・。

一人暮らしをしていると、実家から何かしらモノが送られてくる。

多くは食糧関連だ。

つい先日実家から、「果物がたくさんあるから送ろうか?」とメールが。

滅多に果物そのものを買うことはないので送ってもらうことに。

数日後、縦横20センチほどのとても小さな小包が届いた。

箱には"生もの"と書いたシールがちゃんと貼ってある。

どんな果物かは聞いてなかったが、たくさんあると言っていたにも関わらず、やけに小さいなと思った。

まぁ一人暮らしだから、消費しやすい量を考えてのことなんだろうと勝手に解釈した。

早速開けていく。


最初に目に入ったのはだ。



少し濃いめの柿色は、しっかりと実が熟していることを表す。
3つある。


そして紙袋に包まれたものもある。

がさごそと開けていくと、甘い匂いが一気に広がっていく。

洋梨だ。



普通の梨より実が柔らかいためか、丁寧に紙に包まれていた。
(ちなみに柿はむき出しだった)
これも3つ。

柿3つと洋梨3つ、消費日数のことを考えると、適量だ。

あとでありがたくいただくとしようと箱にしまい直そうとすると、ふと端っこに何かあるのに気づく。

何だと思って手に取った。





・・・。

ガルボか。

・・・。





って、なんでガルボなんだ!?!?

実家が絡むとたまにこういう意味不明なことが起こるが、別に何か害があるわけでもないので深く考えないようにしている。

ガルボについては一切触れず、届いた旨とお礼をメールしておいた。  
タグ :実家果物


Posted by Takuji at 21:00Comments(0)通常

2012年11月09日

ドコモ > 各種事務手数料の新設・改定

ドコモユーザーとして、とどめておきたい情報があったので掲載する。

本年度、平成24年12月1日より、ドコモの各種事務手数料の新設及び改定があるようだ。

個人的に何がどうあてはまるのか。

現在FOMAのスマートフォン端末を持っており、来年(平成25年度)半ばに機種変更しようと考えている。おそらく、FOMA→Xi(クロッシィ)となるだろうと見込む。


【新設】 > 「登録等手数料」
新設後はXi(クロッシィ)からXi(クロッシィ)への機種変更や、FOMAからFOMAへの機種変更時などに2,100円が必要

→私が現在使っているサービスはFOMAだ。変更時にはおそらくFOMA→Xi(クロッシィ)となるが、"など"にこれが含まれることを想定すると、「登録等手数料」が残念ながら適用されてしまう


【改定(其の壱)】 > 「契約変更時の契約事務手数料」
FOMAからXi(クロッシィ)への契約変更、Xi(クロッシィ)からFOMAへの契約変更時などに支払う2,100円が、改定後は3,150円に変更

→これは確実に適用されてしまう


【改定(其の弐)】 > 「カード発行手数料」
今まで3,150円だった金額が2,100円に変更
(ただし、機種変更などを伴う場合は従来どおり手数料は発生せず、これに伴い、ドコモUIMカードの形状変更について、これまで行われていた12か月に1回のカード発行手数料無料制度が廃止)

→これは端末のカードが破損・紛失等しない限り、適用は無いと見る


結果、私の場合事務手数料は合計で5,250円になる見込みだ。

ドコモは"事務手続きを円滑に行っていく為"としている。

私は"サービスを円滑に利用したい為"、こういったことはなるべく遠慮してもらいたいと思っている。



各種事務手数料の新設・改定について

  


Posted by Takuji at 22:30Comments(0)リリース

2012年11月02日

久しぶりに見た



いやぁ、本当に久しぶりだ。

もう無縁なものだとどこかで思っていたのかもしれない。

上記の画像は、SQL文の一部だ。

SQLとは、簡単に言えばデータベースの情報を操作する言語だ。

SELECT * FROM ~~~~~~
WHERE @@@='tenkomori'
ORDER BY ~~~~~・・・

DROP TABLE ~~~~・・・

CREATE TABLE @@@@@@・・・

INSERT INTO ****


などなど。

そういえば、こんなのもあったなぁなんてつらつらと見ていると、不思議なことに結構意味が分かるものだった。

まぁ優しい内容だったからかもしれないが、ちょっとしたデータベースの操作なら、まだなんとかいけそうだ。

当たり前のことだが、不正に書き換えたりしないよう、良心だけは持っておきたい。  


Posted by Takuji at 22:30Comments(0)リリース